梅毒の検査にはどれくらいの期間がかかる?

多様な薬と果物

梅毒に感染した可能性があるのであれば、まずは本当に感染しているかどうか確認するために検査を行わなければなりません。しかしどの症状でもすべてが同じように実施されるわけではないので、病気によって必要とされる期間や採取する検体などが異なります。梅毒の場合は梅毒血清反応検査という検査が行われ、感染の有無を確認することができます。これによって陽性反応が出た場合は、それに応じて適切な治療を進めていかなければなりません。

梅毒血清反応検査はすぐに終わるものだと思っている人もいるかもしれませんが、実際は多くの人が想像しているよりも長い期間を必要とします。というのも感染してから1か月以上経過していなければ、なっていたとしても陽性反応を示さない可能性が高いので、1か月以上経った後に再び検査を行う必要があるのです。しかし、感染していて尚且つ1か月以上経過していても陰性反応を示してしまうケースもあるので、確実な結果を知るためには3か月経過したあとに陰性であるかどうかチェックしなければならないのです。

梅毒血清反応検査は大きくわけて2つの方法があり、牛から採取した脂質を抗原として血液中の抗体と反応するかどうかを調べるSTSと呼ばれる方法と、病原体そのものを抗原として、そこに血液を加えて反応を見るTPという方法があります。まずはスクリーニングとしてSTSによるテストが行われ陽性反応が出た場合は、2種類のTPテストが行われてすべてが陽性であれば梅毒だと診断されるのです。STSでは感染から約4週間後、TPでは約6週間後から抗体が検出されるようになるので、正しい診断結果を得るためには1か月以上経過していなければならないことがわかります。

結論として正しい結果を得るためには、最短でも1か月以上経過していなければなりませんし、本当に感染していないという確証を得るためには3か月ほどの期間が必要となるのです。梅毒は感染してから約3か月後に第2期まで症状が進行してしまうので、なるべく早く検査をしなければ治療が困難になる症状まで病気が悪化してしまうかもしれません。パートナーが感染していた、感染者と性行為を行ってしまったなど、何かしら感染の心当たりがある場合は、抗体が検出される期間になってからすぐに検査を受けるべきだと言えます。

結果自体は翌日にわかることが多いので、それほど日数がかかると思わない人もいるかもしれませんが、感染した可能性のある日から3か月以上が経過していないと、はっきりと陰性であるとは言い切れません。陽性の場合はもう少し早く診断してもらうことができる可能性もありますが、絶対に感染していないと言える状態になるまでには長い期間が必要となるのです。検査はいつでも受けることができて、すぐに結果がわかると思っている人もいるかもしれませんが、結果自体はすぐにわかったとしても、陽性と判断されたり陰性と診断されたりするまでには、少々時間がかかってしまうと言えます。

梅毒症状の進行を止めて、それよりも悪化させないようにするためには、早く検査を行って治療を進めることが大切だと言えるでしょう。どのような方法で行われるかということや、どれくらいの期間が必要となるかということを知らないと、いざというときに戸惑ってしまうかもしれません。性病のチェック方法や必要となる期間は、感染している恐れのある病気の種類によって大きく違っているので、梅毒の場合はどうであるかを確認しておかなければならないでしょう。陽性であることを知るためには最短で1か月、陰性であることを確認するためには最短でも3か月以上の日数が必要となることを覚えておくようにしてください。

関連記事
性行為に消極的な人ってどんな特徴がある? 2020年06月12日

女性よりも男性で性感染症を患っている人数が多い傾向にありますが、これは男性のほうが性行為に対して積極的な人が多いからではないかと推測することができます。つまり、性に対して積極的な人をパートナーに選んでしまうと、風俗を利用するなど自分以外の人とも身体の関係を持って性病に感染するリスクを高めてしまうかも...

カンジダ膣炎ってどんな症状? 2020年05月07日

カンジダ膣炎は女性がなりやすい性病だと認識している人も多いと言えますが、その詳しい感染原因や症状などについては理解していないという人も少なくありません。特に女性はカンジダ菌に感染してしまいやすいので、病気の原因や症状について理解を深めておく必要があると言えるでしょう。正しい知識を持っておくことでカン...

HIVになると梅毒を併発する恐れがあるって本当? 2020年02月06日

HIVは症状が進行するとエイズを発症してしまうので、恐ろしい病気として認識されています。これらの病気になると免疫力が低下してしまうので、あらゆる病気にかかりやすくなるのです。HIVになると梅毒を併発する恐れがあると言われていますが、これはその通りだと言うことができます。感染していない健康体の人よりも...

ヘルペスは性行為をしなくても感染する可能性がある 2020年04月08日

ヘルペスは性行為をしなくても感染することがある性感染症のひとつであるため、しばらく性行為を行っていないという人や、これまでに一度も性行動を行ったことがないような子供でも病気になってしまうことがあります。この病気に感染してしまうと性器や口腔内に水ぶくれが生じてしまったり、激しい痛みやかゆみが生じたりし...

性病に高い効果を発揮するミノサイクリン 2020年03月14日

性感染症を治療するための薬はたくさん存在していますが、性病の種類によって利用する治療薬は異なることを知っておかなければなりません。病原体や原因菌、原因ウイルスなどの種類が違っていると、それぞれに効果的に作用する成分を含んだ治療薬を用いなければならないのです。たとえばクラミジアや淋病などの性病に高い効...