HIVになると梅毒を併発する恐れがあるって本当?

心配している男性

HIVは症状が進行するとエイズを発症してしまうので、恐ろしい病気として認識されています。これらの病気になると免疫力が低下してしまうので、あらゆる病気にかかりやすくなるのです。HIVになると梅毒を併発する恐れがあると言われていますが、これはその通りだと言うことができます。感染していない健康体の人よりもすでにHIVに感染してしまっている人のほうが、梅毒に感染してしまう確率が高くなってしまうのです。

HIVやエイズは身体の免疫力が低下して抵抗力が落ちてしまうので、様々な性病に感染しやすくなります。そのなかでも梅毒に重複感染してしまうと、その症状が通常よりも重いものとなってしまったり、進行が一気に進んだりするという報告がされているのです。たとえば、細胞性免疫不全によって潜伏期間が短縮されたり、通常であれば第1期から3期まで3年かかることが多くてもエイズ患者の場合は数か月で進行して神経梅毒まで症状が悪化したりします。

特にHIVやエイズ、梅毒の感染者は男性が多いのですが、男性でHIVに感染している人の約6割は梅毒にも感染しているのです。6割ということは、半分以上の人が病気を併発しているわけですから、すでに感染している人は重複感染を起こすことがあってもおかしくないと言えます。医療機関や保健所などでHIVの検査を行う場合は、陽性反応が出たら梅毒に感染している恐れがあるとして、その検査も行われるので、これらの病気は併発することが非常に多いものだと認識しておくと良いでしょう。

梅毒は非常に感染力の強い性病のひとつとしても有名であり、身体の免疫力が落ちているときに体内にその原因菌が入り込んでしまうと、簡単に症状を引き起こしてしまいます。ただでさえ感染力が強い病気であるのに、HIVやエイズで免疫力が低いときに体内に菌が入ってしまうと高確率で病気を発症してしまうでしょう。これらに重複感染しないようにするためには、性病に感染する原因やその経路を知って予防に努めるようにしたり、もしも感染してしまった場合は一刻も早く治療を進めたりすることが大切だと言えます。

併発してしまうことに対して危機感を持っていない人もいるかもしれません。しかしこれらの病気が併発してしまえば、それぞれ単体で感染しているときよりも治療を上手く進めることができなかったり、症状が重いものになったりして、大変な思いをすることになってしまうかもしれないのです。重複感染すると治療が大変になったり苦しさが強くなったりすることを理解しておかなければ、感染したとしても治療すれば大丈夫だろうと安易に考えてしまうことになるかもしれません。日常生活を送るうえで身体に異変が生じたり違和感を覚えたりした場合は、性病に感染している可能性もありますので、他の病気まで誘発してしまわないように早めに対策をとるようにしてください。

性病にならないように日常生活において様々な注意を払うことができますが、性病がうつらないようにするために性行為を行う際はコンドームを必ず使用することや、感染の疑いがある人とは性行為を行わないことも予防につながります。他にも不特定多数の人とは関係を持たないようにしたり、性風俗店の利用を控えたりすることでも感染の確率を下げることができるでしょう。特にHIVに感染してしまうと一生治療を続けていかなければならないだけではなく、発見が遅れることでエイズまで進行してしまったり、梅毒に感染しやすくなって複数の性病治療を行わなければならない状態になってしまったりするので注意してください。性病が併発すると単体で感染したときよりも症状が重くなったり治療期間が長くなったり、治療費が高額になってしまったりするので、重複感染しないように気をつけることが大切です。

関連記事
性行為に消極的な人ってどんな特徴がある? 2020年06月12日

女性よりも男性で性感染症を患っている人数が多い傾向にありますが、これは男性のほうが性行為に対して積極的な人が多いからではないかと推測することができます。つまり、性に対して積極的な人をパートナーに選んでしまうと、風俗を利用するなど自分以外の人とも身体の関係を持って性病に感染するリスクを高めてしまうかも...

カンジダ膣炎ってどんな症状? 2020年05月07日

カンジダ膣炎は女性がなりやすい性病だと認識している人も多いと言えますが、その詳しい感染原因や症状などについては理解していないという人も少なくありません。特に女性はカンジダ菌に感染してしまいやすいので、病気の原因や症状について理解を深めておく必要があると言えるでしょう。正しい知識を持っておくことでカン...

ヘルペスは性行為をしなくても感染する可能性がある 2020年04月08日

ヘルペスは性行為をしなくても感染することがある性感染症のひとつであるため、しばらく性行為を行っていないという人や、これまでに一度も性行動を行ったことがないような子供でも病気になってしまうことがあります。この病気に感染してしまうと性器や口腔内に水ぶくれが生じてしまったり、激しい痛みやかゆみが生じたりし...

性病に高い効果を発揮するミノサイクリン 2020年03月14日

性感染症を治療するための薬はたくさん存在していますが、性病の種類によって利用する治療薬は異なることを知っておかなければなりません。病原体や原因菌、原因ウイルスなどの種類が違っていると、それぞれに効果的に作用する成分を含んだ治療薬を用いなければならないのです。たとえばクラミジアや淋病などの性病に高い効...

クラミジアは感染率の高い性病! 2020年02月23日

クラミジアは日本国内で最も感染者数の多い性病だと言われており、その患者数は40万人以上だとされています。多くの患者数がいることからもわかるように、この性病はとても感染率の高い病気だと言うことができるのです。これはクラミジアトラコマティスと呼ばれる病原菌が原因となって発症する病気であり、主な感染経路は...